工業高校を選ぶメリット

工業高校は大学を進学を前提とした高校ではなく、就職を前提とした高校です。メリットは卒業と同時に就職する人が多く、就職率が大変良よく普通の私立大学を卒業するよりも高い就職率でさらに大企業から求人がきます。工業系の大学や専門学校に進学する生徒も多数います。自動車メーカーの技術職や大企業の研究開発部門や技術部門に就職できる可能性があり、普通の大学を卒業をしただけでは就職できない部門にも入ることも可能です。勉強として工業系科目や国語や数学、理科、社会、英語、芸術、体育など普通科目があります。パソコンのプログラミングなどや実習などもあり勉強の内容は難しく、就職してから第一線で働ける専門性の高い授業が行われます。工業の学校では就職に有利になる資格をたくさん取得することができます。ガス溶接や危険物取扱者、ボイラー技士などの資格を取得することができます。学校には素行の悪い生徒がいるイメージがあります。ただし工業学校の授業では数多くある科目を勉強するため、素行の悪い生徒はついていくことができずに退学してしまうことが多いです。学校を選ぶときには一番大事なことは就職率と就職先の確認です。卒業生がどのような企業のどのような部門に就職しているかを調べてから選びます。

バックナンバー

工業を知る情報

新着情報

↑PAGE TOP