• トップ /
  • 工業系企業に就職するための学校

工業高校の就職環境など

工業系企業に就職するための学校

将来工業系企業を目指す人の進路

高校や大学に進学する場合、将来の職業をどうするのかを考えて進路を決める必要があります。普通科の高校に進学し、大学を目指す場合には、高校2年頃に大学の学部を選択する事で第1歩が決まります。また普通科ではなく、工業高校や商業高校を選択すれば、そこである程度の将来の職業が限定されてきます。逆に将来、どんな会社でどんな職種に就きたいのかを決めれば、逆にある程度の学校の進路が絞られる事にもなります。例えば、工業系の会社で研究開発を目指すなら、大学の工学部や大学院へ進む事が必要です。また工業系の企業の製造部門で活躍したいなら、工業高校でその工業分野の基礎知識を得ると共に、技能職としてのスキルを磨くと良いでしょう。また人事や経理や営業等の職種に就きたいなら、大学の文系の学部や、企業の規模によっては、高校の普通科や商業科卒でも事務系として採用さするところも少なくありません。学歴が将来の会社での出世をすべて左右するものではありません。しかし、どんな会社でどんな職種に就きたいかで、選ぶべき学校や、学校での専門をどうするかを適切に選択する必要があります。自分の適性を考え、好きな仕事に就くためには、適切なタイミングで学校の進路を決める事が重要と言えます。

バックナンバー

工業を知る情報

↑PAGE TOP